ハンズオンセミナー 事前登録のご案内

会期中、下記のハンズオンセミナーが開催されます。
事前参加登録制・参加費無料となっており、定員に達し次第締め切らせていただきます。
各講座の内容、お申込み方法につきましては下記となりますので、ご確認の上、お申込みください。

1次募集期間では、お申込いただけるハンズオンセミナーは、お一人あたり2つまでです。
募集期間終了後、残席がございましたら、2次募集をいたします。その際にはお申込数に上限はございません。

ハンズオンセミナー内容紹介

セッション名 日時 テーマ 対象 定員
ハンズオン
セミナー1
11/16(土)
9:40-11:40
陰圧閉鎖療法 陰圧閉鎖療法をやったことのない方、もしくはやったことはあるが、還流式持続陰圧洗浄療法など新たな陰圧閉鎖療法に興味のある方 48名
ハンズオン
セミナー2
11/16(土)
9:40-11:40
皮膚外科:実践編 皮膚外科の初心者〜中級者向け
・専門医取得前後の若手〜中堅医師
・手術経験の少ない医師
・皮膚外科の基本手技を確認しつつ,手術の正しい進め方について習得・理解したい医師
32名
ハンズオン
セミナー3
11/16(土)
13:10-15:10
足爪トラブルを解決するトータルフットケアの基礎と実践 初期研修以降かつ学会会員である皮膚科医(事前登録制・先着順)
診療内にフットケアの技術を取り入れたいという方全般
48名
ハンズオン
セミナー4
11/16(土)
13:10-15:10
「スマホ必携!ダーモスコピークイズ2019」
*参加者はスマホもしくはタブレットを必ずご持参ください。セッション中に会場内でWi-fiに接続し、受講して頂きます。
ダーモスコピー初級者から
上級者までどなたでも
100名
ハンズオン
セミナー5
11/16(土)
16:40-18:40
皮膚・静脈エコーの使い方 皮膚腫瘍・リンパ節や下肢静脈瘤の診断・治療に対するエコー初心者 36名
ハンズオン
セミナー6、8(内容は同一)
HS6:11/16(土)
16:40-18:40
HS8:11/17(日)
9:10-11:10
パッチテスト・プリックテスト
(第23回パッチテスト・プリックテスト 2019東京・東部ハンズオンセミナー)
HS6:男性医師も積極的に参加しよう!
HS8:検査結果を生活指導にどう活かす!
パッチテスト・プリックテストの具体的な手技を習得したい方ならどなたでも
※本セッションの受講で、日本皮膚免疫アレルギー学会修了証が授与されます
HS6:20名
HS8:20名
ハンズオン
セミナー7
11/17(日)
9:10-11:10
基礎から学び明日から使えるレーザー治療 炭酸ガスレーザー、Qスイッチルビーレーザーの経験が少ない又は、基礎から学びたい初心者向け 30名
ハンズオン
セミナー9
11/17(日)
12:40-14:40
陥入爪の治療 爪疾患治療に興味がある皮膚科医(参加者自身にテーピング法を行うので、参加者は素足になれる服装で出席してください) 48名
ハンズオン
セミナー10
11/17(日)
12:40-14:40
皮膚病理道場の登竜門2019 初心者向け 40名

ハンズオンセミナー1「陰圧閉鎖療法」

目的:難治性潰瘍に対して、陰圧閉鎖療法は有用な治療の選択肢である。陰圧閉鎖療法を行うにはそれなりのコツがあり、最大効果を得るノウハウについて学ぶ。
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

ハンズオンセミナー2「皮膚外科:実践編」

目的:皮膚外科手術の基本手技と正しい術野展開による適切な手術の進め方を学び,「いかに他者と協力して安全な手術を行うか」について実技を通じて習得する。
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

ハンズオンセミナー3「足爪トラブルを解決するトータルフットケアの基礎と実践」

目的:胼胝や爪変形など足の皮膚疾患と、その原因となる要素への知識を深める。また、その解決策として「適切な靴の選び方」と「歩き方」を習得する。
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

ハンズオンセミナー4「スマホ必携!ダーモスコピークイズ2019」

目的:ミニレクチャーとクイズ(成績上位者に賞品あり)を通じてダーモスコピーを楽しみつつ学ぶ。
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

ハンズオンセミナー5「皮膚・静脈エコーの使い方」

目的:①皮膚腫瘍・リンパ節、②下肢静脈瘤に対するエコー検査の有用性の理解と手技の取得
一般的なエコーの使い方としてgain、depth、focusの設定といった基礎的な部分から、Bモード、カラードプラ、エラストグラフィ等、実際の検査の流れまでを一通り理解し、施行できるようになることを目指す。2台のエコーを使用し、参加者全員が実際に被験者に対するエコー手技を実践する。
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

ハンズオンセミナー6、8「パッチテスト・プリックテスト」
(第23回パッチテスト・プリックテスト 2019東京・東部ハンズオンセミナー)

目的:アレルギー検査を習得して皮膚科医師としての専門性を高める
※本プログラムは、一般社団法人 日本皮膚免疫アレルギー学会、佐藤製薬株式会社、鳥居薬品株式会社、株式会社スマートプラクティスジャパンとの共催セッションとなります。
受講者には、日本皮膚免疫アレルギー学会修了証が授与されます。
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

ハンズオンセミナー7「基礎から学び明日から使えるレーザー治療」

目的:皮膚科診療に欠かせないレーザー機器の基礎知識と手技を学び、今後の診療に活かしてもらう
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

ハンズオンセミナー9「陥入爪の治療」

目的:実技を通して、陥入爪の保存的治療(アンカーテーピング法、ガター法、人工爪法)をマスターする。
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

ハンズオンセミナー10「皮膚病理道場の登竜門2019」

目的:皮膚病理学の初学者に、正常皮膚の組織の見かたと炎症性および腫瘍性疾患の皮膚病理診断の初歩を学んでもらう。
(プログラム内容につきましては、こちらをご覧ください)

受付期間

一次募集期間
2019年9月2日(月)正午〜10月25日(金)

  • 1次募集期間では、お申込いただけるハンズオンセミナーは、お一人あたり2つまでです。
    募集期間終了後、残席がございましたら、2次募集をいたします。その際にはお申込数に上限はございません。

お申し込み方法

1.下記事前参加登録申込ページより、オンラインでお申込みください。

ハンズオンセミナー
事前参加登録申込

  • ※ご注意
    当日はセッション開始時間までにお越しください。開始時間までにご来場頂いていない場合、参加の権利を失効とさせて頂き、キャンセル待ちの方を入場させていただきます。予めご了承ください。

2.お申込み受付後、頂きましたメールアドレスへ受付番号が自動返信メールで届きます。返信が届かない場合、下記問い合わせ先までご連絡ください。

  • メールアドレスの入力間違いにご注意ください。
  • ご返信は休祝日を除く3日以内に行います。返信が無い場合、お申込みが完了していない場合がございますので、ご連絡ください。

3.メールには受付番号を記載いたします。当日は必ずそのメールのプリントアウトを持参ください。
受付にて来場チェックさせて頂きます。

  • なお、当日はセッション開始時間までにお越しください。開始時間までにご来場頂いていない場合、参加の権利を失効とさせて頂きます。

受講セミナーの変更・キャンセルについて

募集期間中であれば、ご自身でマイページから、変更・キャンセルが可能です。
募集期間終了後は、下記お問い合わせ先へご連絡ください。

お問い合わせ先

第83回日本皮膚科学会東京東部支部合同学術大会 運営事務局
公益社団法人日本皮膚科学会内 総会・学術大会チーム
担当:井関
〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-4
TEL:03-3811-5079/FAX:03-3812-6790
E-mail:tokyo-tobu83@dermatol.or.jp